頭推按を施してきました。

王流楊式太極拳の2008年ブログからの転載です。

自分の心の持ち様は表面的な意識だけでは計り知れません。

テレビに登場しバイタリティ溢れ、しっかりしたコメントをされている人、大きな会社を素晴らしい能力でリーダーシップをとっている人、どこから見ても心の持ちようは心配がないようですが・・・

二人とも、無理をしているようなので、以前太極拳を勧めたのですが、忙しすぎてなかなか出来ないと言うことなので、しばらく様子を見ていました。

案の定、男性更年期障害のような症状が出ると言うことでした。

二人は友人同士でしたので、内科、循環器、科、心療内科などの医者にも相談したらしいのですが、いつもどおりの要領しか得なかったので、とうとう私に相談しようと言うことになったらしいのです。

私は、まず硬い体と体中の経絡・神経などをほぐすために、簡単に甩手を10分位していただきました。

その後、一人は別室で待たせ、一人一人いつものように(いつものようにといっても3年ぶりぐらいですが)頭推按という頭部への功術を施しながら、色々なことを話しました。

頭推按では経穴の緊張や緩和で、その人の心身や深層心理などの状態が分かります。

それに合わせて、カウンセリングのように話をしながら、頭部や顔面の経絡と経穴を両手の五指で太極拳をやっているように、気を計りながら押し流して動かします。すべてが繋がり始めます。

いつもそうですが、二人に限らず、終わった後は、多かれ少なからずですが、世界が変わったと言います。 体は雲の上にいるようで軽くなり、緑や空の色があざやかになり、なにか眠くなったようなゆったりしたような感覚になると言います。  そのまま、毎日を過ごせばいいと言いましたが、彼らはたぶんまた元に戻るでしょう。

再度瞑想太極拳を勧めておきました。

頭推按をした後、中には号泣する人もいます。テレビのニュースでの政界がらみの大きな事件で逮捕され強ぶっていた人も泣きます。

中には寝てしまう人。完全に不安が無くなってしまった人は、まれですが、相手が女性の場合は、これ以上書けないことも起こります。仕方がないことです。完全に受容した状態になっているからです。女性だけとは限りません。男性の場合は精神的なものですが。

彼らも不安の根にある緊張は半分くらいとれたので、5回くらい続ければもしかしたら、行くところまで行けるかもと言ったのですが、翌日にはとても体が見違えるように調子が良く、気分も最高だということで、感謝されて、その後はまた調子が悪くなったら頼むと言われました。次からは、私にとっての優先順位は下がります。本気で生きる意味を考えたい人が優先です。

頭推按をやっていくと滞っていた緊張のような不安のこりが少しずつ溶けていきます。

その時に考えることは、過去の出来事も不安の反対側にある温かい感覚で再経験したように考えるようになり、新たな認識を再創造でき、未来のまだ起こっていないことへの愚かな不安も希望に溢れます。

カウンセリング理論でもそうですが、不安への受容があって、今度は自分への受容が始まり、その後に問題解決のための解釈が始まり、問題が解決していくと同時に、あらゆる事が、その解決した理解で驚くように好転し、一挙に再創造に向かいます。

頭推按は、その不安によって滞った経穴や経絡から緊張をほぐし、気の流れに呼び水を起こすことのフィードバックです。

感受性を高め、ゆっくりと体に流れる気(エネルギーの流れ)を感じ取りながら、その流れの滞りを、経絡という川の流れに沿いながらゆるやかに流していくことが大切です。その行き先は深層に有る不安の根です。そこに水が流れ込むことで、不安は育ち飽和して愛に転化します。

この感覚を感じ取りながらやるのです。

私は頭推按を施した後、とても気持ちが良く、それでお金がもらえるなんて、楽しい限りですが、頭推按をやったって、その場だけであれば何の意味もありません。

毎日太極拳をやったり、酒たばこをやめ、規則正しい生活、自立した健康維持、少しは自分を内観して、弁証して、再創造する。

心身の新陳代謝と、存在の新陳代謝です。

とても大事です。

ちゃんと言っておきましたが。

愛に飢えている自分を真に発見し、受け入れることが出来なければ、頭推按もその場しのぎです。

頭推按のお陰で、不安がとれた分だけ、多くのことを受容して理解は出来たようですが・・・

後は彼たち次第です。

最近思うことですが、子どもの頭の経絡や経穴が気になります。

子どもは頭推按をすると、心の底から快感が有るみたいで、よだれを垂らすほどです。何回もねだられます。

子どもの頭推按で呼んでくれないかな。

とても面白いですし、終わった後の笑顔がとても好きです。一緒に同じように笑いがこみ上げてきます。

大人でもそう言う人に巡り会うのを楽しみにしています。

コメントを残す