脳内麻薬エンドルフィン

エンドルフィンという脳の中で作られる麻薬に似た物質の中で、特に作用の強いベータエンドルフィンは、モルヒネの6倍の強さを持ち、脳内麻薬(脳内モルヒネ)と呼ばれています。これは、好きな音楽を聞いたり、親しい人と会話を楽しんでいるとき、好きな人と一緒にいるときなどに分泌されるため、ハピネスホルモンとも呼ばれます。このような快感を覚える脳内ホルモンには、エンドルフィンのほかにも、セロトニン、エンケファリンなどが20種類も見つかっています。このようなホルモンが分泌されると、気分が高揚しストレスを解消するため、免疫力が高まって病気にかかりにくくなります。とくにベータエンドルフィンは、免疫機能をつかさどるT細胞やB細胞、さらにガン細胞を殺すNK細胞などの免疫細胞を増殖したり活性化する働きがあり、ひいては老化を防ぐことになるという、健康には欠かせない物質なのです。

脳内には、このような身体や精神にとても良い物質以外に、人間が危険を回避したり、闘争が必要なとき、または、覚醒しないといけない時などに放出される物質もあります。イライラや怒りなど精神的にストレスが加わると、エンドルフィンの分泌は抑えられ、かわりに脳からノルアドレナリンという物質が分泌されます。さらに恐怖を感じる時には、アドレナリンが分泌されます。これらは毒性の強い物質で、これが出やすい人は、老化しやすく、免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまいます。その上、同時にエンドルフィンの効果も少なくなるので、踏んだり蹴ったりです。ストレスが身体や精神に悪影響を及ぼすと言われているメカニズムは、このようにはっきりしているものなのです。

実際に危険に遭遇したときは、以上のように覚醒のための物質が脳内にでるのですが、実際に、突発事故などで体が損傷し危険な状態に陥ると、脳がこれを察知してエンドルフィンが分泌され、痛みや辛さを取り除こうとし、免疫力などを最大限に高めようとします。例えば、妊婦の分娩時には、3倍から6倍のエンドルフィンが分泌され、耐えられない痛みを抑えてくれると同時に、精神的にも強い希望に似たような幸福感をももたらすようです。他にも、重傷を負った人が意外に痛みを自覚していない事実や、臨死患者さんが安らかな死に顔であるということも、エンドルフィンの効果ではないかといわれています。

また、エンドルフィンは社会的安心感に関与することも発見されています。エンドルフィンが分泌されていれば、経済や社会的に問題があっても、さほど苦にならないということです。逆境に強い人は、このような物質が平常時でもふんだんに放出されているようです。

このすばらしいエンドルフィンが脳内で安定的に放出されるには、脳内の状態が健康であることです。もしストレス等で不健康になっている脳内には、経穴などを点穴や鍼灸などの技術で的確に刺激すると状態が改善され、エンドルフィンが分泌されることが明らかになっています。

 

 

“脳内麻薬エンドルフィン” への3件の返信

コメントを残す