ログイン:サイト登録は無料です。REGISTERからご登録ください。サイトの更新や、新しい記事などが自動的に登録メールに送信されます。

脳内物質と頭推按

50メートルプールに一滴垂らすほどの量で、完全な作用をもたらすと言われているホルモンのように、人間の体内には人間の生命や精神に多大な影響をもたらす体内・脳内物質があります。

特に脳内には麻薬と同じような効果をもたらす脳内麻薬という物質がある事はよく知られています。

それは、もちろん生体内に自然に生成されるものなので、正常であれば過剰分泌されることもなく、中毒になるということもありません。

また、不純物質もなく安定していますから、その他の副作用もありません。

武当派太極拳の内丹術(ないたんじゅつ)の一部に気功があるのですが、修行の最終地点あたりに頭部に対する気功術があります。 頭部の経穴(つぼ)に気功を施すとどうなるのか?そのメカニズムがわかっていて、このような外気功術が内丹術に伝わっていたのかどうかはわかりませんが、今は、科学が進み脳内の微細な物質さえ目に見えるようになってきました。 明らかに、人間の脳は色々な物質を出して、人の心に影響を与えているようです。自殺大国と言われる日本、頭推按では、このような脳内の物質と外気功の関係も詳しく研究していきたいと思います。

セロトニンの分泌

ノルアドレナリンやアドレナリンの過剰放出の時、そこで、セロトニンの登場ですが、セロトニンは前にも書いたとおり、不安や興奮、不快感を鎮める「リラックス」のホルモンです。喜びや快楽で興奮すると出るドパミン(快)や、恐れたり驚いたりすると出るノルアドレナリン(不快)の情報をコントロールして鎮める精神安定の効果があります。ところが、現代人は、セロトニンがどうも不足しているらしいのです。そこで、セロトニンが分泌されるものとして、ヨガや瞑想、腹式呼吸などは効果的のようですのでお勧めです。疲れを感じる時は、日頃からゆっくりと深呼吸をする癖を身に付けておくだけでも、セロトニンの分泌に役立ちます。さらに多く分泌を促すには、呼吸と共に体を動かすリズムのある運動を5分以上続けることにより、よく分泌されるようになるようです。まさしく太極拳などは理想的にセロトニンを分泌させる運動です。他にも、ウォーキング、水泳、自転車などもいいそうです。

また、食べ物からも、セロトニンの原料を取り込むことが大切です。なぜなら、セロトニンの原料は「トリプトファン」というアミノ酸の一種ですが、体の中では作れません。そこで、トリプトファンが多く含まれる、赤みの魚や肉、乳製品、大豆製品などをバランスよく取り入れます。このような食事方法は、世界中でタンパク質を摂ることとして十分補えているようです。「ビタミンB6」を多く含んでいる食事も良いとうことです。ビタミンB6を多く含んでいるものとしては、さんま、かつお、いわし、さば、鯛、にしん、まぐろなどの魚類、豚のモモ肉、小麦胚芽、玄米、大豆、にんにく、とうがらし、しょうがなどです。昔ながらの日本人の食文化をバランスよくこなしておけば、何の問題もないようですね。甘いものを食べ過ぎると、せっかく摂取したビタミンB6が減少するらしいので注意が必要です。

心地の良いことはすべてエンドルフィンが放出されるようですが、特にラベンダーなどの良い香りは即効性のリラックス作用がありセロトニンが分泌されます。そして何よりも、快適な睡眠を心がける事はセロトニンの分泌にはとても重要です。睡眠が不規則だったり、不眠に陥るとセロトニンは分泌されなくなり量が不足してしまいます。また、太陽光も大切で、沢山浴びる事でセロトニンが分泌されます。セロトニンは朝日だけでなく、明るい日中でも分泌されますので、光が多い春や夏は明るい気分になり、逆に光が少なくなる冬や梅雨などは、うつが増えるといいますので、セロトニンの分泌には光が大いに関係するようです。

 

ドパミンとエンドルフィンの違い

同じ脳の中から感情の働きによって分泌される脳内物質とはいえ、ドパミンは強力な毒性を持っています。

ドパミンは急に身体を動かさなければならない状態、つまり自分に危険が迫った場合、例えば車が飛び出してきたり、上から危ない何かが落ちてきた際などの場合に強烈な刺激を与えて身体を動かすために必要になります。危ない、逃げろといった指示を強く打ち出す場合、リラックス系の快楽物質とか幸せホルモンと呼ばれるエンドルフィンでは役に立ちません。そこで覚醒効果のあるドパミンを放出するのです。ただし、危険を守るためにずっとドパミンを放出するわけにもいかないので、この毒を中和するために後で大量のエンドルフィンが放出されます。

このように、ドパミンもエンドルフィンも状況に合わせて分泌が起こるのです。ですから、どちらか一方に傾くと緩慢になりすぎたり、毒性が強かったりなどの弊害がありますから、その両者のバランスが重要になります。

 

 

脳内麻薬の作り方 ■エンドルフィン

エンドルフィンは脳内麻薬と呼ばれており、モルヒネの6.5倍の鎮痛作用があります。そして、脳を活性化し、精神的ストレスの解消に効果があり、免疫細胞の防御反応を強化する作用もあります。

このようなエンドルフィンは正常に放出させることは、とても人生にとって大切なことです。どのようにすれば放出するのでしょうか?

エンドルフィンは高カロリーの食事をとることでも多く分泌されることがわかっています。ラーメンやフライなどの油もの。高カロリーの油脂を多く含む食べ物、ハンバーガーなどはそうでしょうが、ほどほどにしないと内臓に負担をかけて、逆作用になります。逆作用になってしまうと、結果的にはエンドルフィンの効果は相殺されてしまいます。

それよりも、楽しいという感覚が最もエンドルフィンを発生させるということがわかっていますので、楽しいことでも特に本能に関係する、食べること(食欲)、寝ること(睡眠欲)、勝つこと(生存欲)、性行為(性欲)、人に好かれること(集団欲)などの本能が満足すると最も分泌され、極まると歓喜のような状態になるほどです。楽しく生きる為には、如何にエンドルフィンを放出しつづけるかという事が大切になるのですから、体や脳を健康に保ち生理バランスを正常な状態を保っておき、本能に導かれながら、何でも楽しんでいると、エンドルフィンが分泌され、楽しくなり、それがいつまでも転がるように楽しい人生が持続していくということになるのです。

しかし、このようなエンドルフィンにも、本能に導かれた欲望による放出には限界があります。なぜなら、性欲、食欲といった欲望を満たせば、もちろんエンドルフィンが放出されるのですが、満腹になれば食欲はなくなります。寝ることも、勝つことも、性行為も、人に好かれることもそうです。その目的が満たされれば、それで放出は終わり、今度はそれを失う不安が出てくると、悪性物質のアドレナリンなどが放出しはじめます。脳の機構上で見ても、物理的欲求を満たす為のエンドルフィンには、それを押さえようとする抑制物質が脳内で放出され、永遠には続かないような仕組みとなっているのです。

ところが、精神性の高い欲求を実現している際には、エンドルフィンは抑制されずに放出されつづけるらしいのです。精神性の高い欲求とは一体何なのでしょうか?それは、見返りのない対象のない欲求のことです。食欲は食べ物を必要とします。性欲は性を必要とします。睡眠は身体を休めること、勝つことは負ける相手が、好かれるには好いてくれる相手が必要です。このような場合には、エンドルフィンの放出を抑制するように物質がでます。ところが、相手がどうであれ、周りがどうであれ、自分自身が全てを受け入れて完結できるような欲望は、ただ愛するという欲求です。だれかを愛するというのではなく、「愛する」という「受け入れる心」をただ純粋に高めていくような精神的な欲求は、エンドルフィンの放出をいつまでも持続させるといわれています。これは、純粋欲といわれています。

また、人生の中での自己を高めるための目的を見つけたり、それに前向きに取り組むことで、自らが高まっていく、自己実現を実践しつづけている状態などの、精神レベルでの欲求を満足させることが重要だといわれています。

そして、エンドルフィンに相対する物質である、ノルアドレナリンなどを適量に抑制するためには、積極的で前向きに思考することや、適切な時間や量、内容などを満たした食事をして、自然な健康を心がけ実行する事で、継続的なバランスの良い状態を保つ事ができるといわれています。また、性行為の際も多量に分泌され、その上、愛情が伴っていると、セロトニンという物質があいまって放出され、エンドルフィンの免疫効果だけではなく、体内に発生した毒素を緩和したり、リラックス効果、そして精神的な幸福感がより増幅するのです。

又、40度以上の熱い湯に入るとエンドルフィンが分泌されたり、マラソンランナーがエンドルフィンによりランナーズハイがあるのは、身体の疲れや痛みや熱さなどからそれを軽減しようとして緊急避難としてその刺激が脳に伝わり、エンドルフィンが分泌されるのです。その前にアドレナリンやノルアドレナリンなどの毒性物質がでるので、それを緩和する働きによるものですから、結果的には相殺されていますから、一時的なものになります。逆に身体には良くないそうです。

そのような状態にあるときは、脳波によって確かめることができます。実験によるとエンドルフィンが放出されている状態は一般にα波という脳波が出ています。α波が出ていることからエンドルフィンがでているということが分かるらしいのです。アルファ波というのはリラックスしている状態の脳波であり、アルファ波がでるからリラックスするのではありません。脳内物質により、リラックス状態であるためアルファ波がでます。

そこで、α波がでるようなことをしているときには、エンドルフィンなどの身体にとても良いホルモンが出ているということから、好きな音楽や感動的な旋律のあるクラシック音楽、オルゴールなどの旋律の美しい曲を聞いたり、小川のせせらぎや木々のふれあう音などを耳にしたり、海や紅葉といったキレイな風景を見た時や、夢中になり大好きなおいしいモノを食べた時、マッサージなどをされている時、風が心地いい時、花やアロマのいい香りを嗅いだ時などです。積極的な行為として、一つのことに集中しているときや、瞑想などをしているときなども放出されます。瞑想がうまくできるようになると安定したアルファ波が出続けています。一時的ですが、このような状態になるためには、目を閉じ安静にしリラックスしているだけでも十分だそうです。仕事の合間や、車の運転などの神経が疲れたときには、少し目を閉じてリラックスするだけでも、エンドルフィンがでて、心身のメンテナンスをしてくれるそうです。

このように、視覚・味覚・聴覚・触覚・嗅覚、いわゆる「五感」という入り口を使って脳に刺激を与えることで、脳内麻薬や物質は放出されるのです。この脳に刺激を伝える入り口や、関所である経穴、通り道である経絡などが、スムーズに通りやすい正常な状態で有るとき、その五感は素直に生き生きとして、エンドルフィンも多く放出されます。

アルファ波がでている脳の状態は、勉強・仕事・スポーツなどで集中力を持続させることができ、いざという時、持てる力を充分に発揮できるといわれています。又、何事にも粘り強く取り組め、ストレスや、睡眠不足を軽減し 、創造的な仕事や趣味で自由なひらめきや発想が生まれ、短時間に暗記学習を行うことができるなどといわれています。又、人間の健康に重要な、興奮状態である自律神経を正常な状態に促すなど多くの効果もあります。

 

 

脳内麻薬の作り方 ■ドーパミン

世界中に違法に生成されているドラッグ、すべての快感ドラッグは、人の脳内で当たり前に生成されるといっても過言ではありません。身体に危険を及ぼす、常習性で経済や生活人生までも破綻させるドラッグなどに頼らずとも、脳内にある脳内麻薬や物質を正常に湧き出させればよいのです。それでは、どのような事を行えば脳内麻薬や快感物質は分泌されるのでしょうか?ある程度の仕組みが分かるようになれば自分でコントールをする事も可能になるのです。例えば、違法ドラッグのコカインや覚醒剤によって分泌が促進される、快感を増幅する神経伝達物質のドーパミンは、食事を楽しい気分でおいしく食べると多く分泌されます。食事の時はドーパミンを出すために思い切り食事を楽しむことが大切のようです。食事の前の前菜などにおいしいものを食べてドーパミンを放出させ、さらにお腹がすいてきたところで本格的に食事を進めていくという、会席料理やフランス料理のフルコースなどは、とても理にかなっています。またドーパミンは、実際食べなくても、自分の好きな食べ物の写真やCMを見たり、おいしいレストランの話を聞いたり、焼き鳥の焼ける匂いをかいだり、といった刺激によっても分泌されます。テレビでグルメ番組が人気なのもとてもわかりますね。しかし逆に、食事に対しての欲望が不自然に高くなると、ドーパミンの過剰分泌が起こり、本能の食欲バランスを狂わせ、過食行動に走らせます。食事を楽しむのではなく、何かのはけ口として食べてしまうときなどは、このような過剰分泌が起こり、過剰分泌は依存性を生みますので、より過食に走るわけです。

ドーパミンは精神的な刺激でも放出されます。例えば、意欲が出ているとき、誉められて気分が爽快のとき、感動しているときなどに多量に分泌されます。

究極な事をいってしまうと、まるで、人間はドーパミンを分泌させることを目的として生きているようなもので、ドーパミンが「生きる意欲を作るホルモン」といわれる理由がここにあります。ドーパミンが不足するとうつ病などの症状を引き起こし、過剰であると統合失調症を引き起こす、などとも言われています。自殺や殺人事件、パチンコ依存症やストーカーなど、多くの事にもこのドーパミンが関わっているようです。

 

脳内麻薬エンドルフィン

エンドルフィンという脳の中で作られる麻薬に似た物質の中で、特に作用の強いベータエンドルフィンは、モルヒネの6倍の強さを持ち、脳内麻薬(脳内モルヒネ)と呼ばれています。これは、好きな音楽を聞いたり、親しい人と会話を楽しんでいるとき、好きな人と一緒にいるときなどに分泌されるため、ハピネスホルモンとも呼ばれます。このような快感を覚える脳内ホルモンには、エンドルフィンのほかにも、セロトニン、エンケファリンなどが20種類も見つかっています。このようなホルモンが分泌されると、気分が高揚しストレスを解消するため、免疫力が高まって病気にかかりにくくなります。とくにベータエンドルフィンは、免疫機能をつかさどるT細胞やB細胞、さらにガン細胞を殺すNK細胞などの免疫細胞を増殖したり活性化する働きがあり、ひいては老化を防ぐことになるという、健康には欠かせない物質なのです。

脳内には、このような身体や精神にとても良い物質以外に、人間が危険を回避したり、闘争が必要なとき、または、覚醒しないといけない時などに放出される物質もあります。イライラや怒りなど精神的にストレスが加わると、エンドルフィンの分泌は抑えられ、かわりに脳からノルアドレナリンという物質が分泌されます。さらに恐怖を感じる時には、アドレナリンが分泌されます。これらは毒性の強い物質で、これが出やすい人は、老化しやすく、免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまいます。その上、同時にエンドルフィンの効果も少なくなるので、踏んだり蹴ったりです。ストレスが身体や精神に悪影響を及ぼすと言われているメカニズムは、このようにはっきりしているものなのです。

実際に危険に遭遇したときは、以上のように覚醒のための物質が脳内にでるのですが、実際に、突発事故などで体が損傷し危険な状態に陥ると、脳がこれを察知してエンドルフィンが分泌され、痛みや辛さを取り除こうとし、免疫力などを最大限に高めようとします。例えば、妊婦の分娩時には、3倍から6倍のエンドルフィンが分泌され、耐えられない痛みを抑えてくれると同時に、精神的にも強い希望に似たような幸福感をももたらすようです。他にも、重傷を負った人が意外に痛みを自覚していない事実や、臨死患者さんが安らかな死に顔であるということも、エンドルフィンの効果ではないかといわれています。

また、エンドルフィンは社会的安心感に関与することも発見されています。エンドルフィンが分泌されていれば、経済や社会的に問題があっても、さほど苦にならないということです。逆境に強い人は、このような物質が平常時でもふんだんに放出されているようです。

このすばらしいエンドルフィンが脳内で安定的に放出されるには、脳内の状態が健康であることです。もしストレス等で不健康になっている脳内には、経穴などを点穴や鍼灸などの技術で的確に刺激すると状態が改善され、エンドルフィンが分泌されることが明らかになっています。

 

 

脳内のマリファナ

マリファナは、音楽や芸術に必要な感性が敏感になったり、食べ物がとてもおいしくなったり、平和な気分や幸せな気分にもなり、人の肌と肌の接触に強い快感を伴うなどといわれています。海外では、つらい吐き気を伴う化学療法後のガン患者に使用することを許されているところもあり、その人達にとってのマリファナは、その日を生きる希望になり、つらい慢性の痛みから心身を解放してくれるものでもあるようです。マリファナにはその他の多くの症状をやわらげる効果もあり、その歴史は長く、時代や地域を超えて世界中に蔓延しています。

日本では大麻取締役法で取り締まられているマリファナですが、実は人間の脳内でマリファナのような物質を自ら作り出している事が分かっています。それは、「内因性カンナビノイド」(マリファナの原料となる大麻草の学名Cannabis sativaにちなむ)と呼ばれる天然化合物である、脳内マリファナといわれるものです。近年、この「内因性カンナビノイド」の研究で物質を調べたところ、15年前には誰も予想しえなかったまったく新しい発見がありました。それは、不安,痛み,吐き気,肥満,脳障害など多くの症状を解消する治療に生かせるかもしれないということがわかったのです。

鎮痛、幻覚等の精神神経反応を引き起こすといわれている、大麻の有効成分であるテトラヒドロカンナビノールは特に強い幻覚作用をもたらします。カンナビノイドは、恐怖体験などにおいて発症したトラウマの記憶を消去する効果も持ち、PTSDを始めとするトラウマによる疾患を治療するための薬としても使用されることがあるほどですから、健康な脳内で作り出される内因性カンビナイドは、そのような記憶を持ち続けないような生き方にも関係するのです。脳内の健康状態によって、分泌される物質ですので、脳内の健康はとても大切ですよね。

覚醒する物質

違法なドラッグであるコカインや覚醒剤は、脳内にドパミンという物質の過剰な放出をおこし、覚醒作用や快の気分を生じさせるものです。覚醒する物質として他には、メスカリンなど、メスカレロ・アパッチが儀式の際に使用する、サボテンの一種であるペヨーテ等の成分として得ることができるものですが、日本では麻薬に指定されています。

以前、俳優の押尾学が使用したことで有名なMDMAは、覚醒作用に加えセロトニンの過剰放出を起こします。脳内のセロトニン等を過剰に放出させると、人間の精神に多幸感、他者との共有感などの変化をもたらすとされています。しかしMDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合があります。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもあるのです。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くこともあります。

このように、ドパミンも、セロトニンも、覚醒効果や覚醒効果や多幸感を得るためのとても大事な脳内物質ですが、それをドラッグをもって得ることはとても危険です。本当の人生の楽しさを十分に味わうためには、ドパミンやセロトニンが自然に脳内に分泌するよう、脳内の状況を健全に保っておくことが必要なことだと思います。

 

ノルアドレナリン

ノルアドレナリンは、意欲と生き残るためには必須の神経伝達物質です。人は恐怖・驚愕の体験に遭遇するとノルアドレナリンを分泌し、闘争か逃避かの態勢に入り、ストレス体験を終息させるための行動に入ります。ノルアドレナリンは人体に必要なホルモンですが、限度を超えると猛毒になりますので、ストレスを少なくする事が大切です。ストレスは、自分が好きなことと違うことをするときや嫌な人と会うときなど、何事も自分が嫌だと思うことが多ければ多いほど、つきまといます。このような感覚で生活を続けると、いつもノルアドレナリンが大量に放出されてしまうことになります。

体や脳を健康に保つには、いかに嫌だ、嫌だ、と思わないかという事が大切になってくるのです。それも表面的ではなく、心の奥底からです。人は社会的には、やるべき事から逃れられないときがありますから、その時には、やるからには本気になって楽しむという気持ちに切り替えれば、ノルアドレナリンは出なくなり、逆にエンドルフィンが多く放出されるのですから、自分が選択した物はすべて楽しむという思考回路を身につけるのも、楽しい人生のためには役立つと思います。

食生活もノルアドレナリンのバランスには重要です。日頃から甘いものを撮り過ぎたり、ビタミン・ミネラルの不足が続くと、低血糖に陥りやすくなります。低血糖になると、人間の体は生命の危機を感じて、体の血糖値を高めようとアドレナリンやノルアドレナリンを分泌します。アドレナリンは攻撃ホルモンですから、暴力的になりますし、ノルアドレナリンは恐怖感・強迫観念を起こします。お腹が空くとイライラするのも、このためです。